コスメやダイエットできれいを頑張る女性の応援サイト

menu

kirei-navi【きれいになりたい女性のためのおすすめ情報】

ファンデのSPFとPAって何?紫外線カット力は数値が高いほどいい?

4c8e21b0a0e255732c5541f8d08d8d9c_s

PAは肌の張りを生むコラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す遷移芽細胞損傷をの原因になりさらにメラニン色素の増加を促し肌を黒くすしシミやくすみの原因になるUVAから肌を守る効果があります。

UVAは季節や天気を問わず一年中降り注いでいます。
地表に届く紫外線の約92%で皮膚の奥に到達するためUV-Aから肌を守るには年中通してのケアが必要です。

最近では高PAのファンデーションがありますが日常の紫外線に対するならPA+~++程度で良いでしょう。
あまり日焼け止め効果が高いと肌に負担をかけ肌トラブルの原因になる可能性もあります。
そして頬杖をついたり顔をこっすて剥がれたり皮脂により浮いて時間とともに落ちてしまいます。
こまめに塗りなおすことが肝心です。

SPFは肌を赤くしたり皮膚がんの原因になるUV-Bから肌を守る効果があります。
そこでよくSPFの高さが肌を守る強さだと思われがちですが肌を守る時間の長さなのです。
ですので長時間日光の当たる場所にいるときはこまめに塗りなおすことも大切です。

またSPF効果には2つの成分があります。

一つは紫外線を自らの中に取り込んで処理するタイプの紫外線吸収剤です。
これは紫外線と自らで化学変化を起こしあらゆる皮膚トラブルの原因になります。

もう一つは紫外線散乱剤です。

紫外線を反射して日焼けを防ぐため紫外線吸収剤よりもトラブルのリスクは少ないですが乾燥をの原因になります。
日常紫外線ならSPF15~20良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930