コスメやダイエットできれいを頑張る女性の応援サイト

menu

kirei-navi【きれいになりたい女性のためのおすすめ情報】

シワに効く成分はシワの種類によって違う!?

1530de5e0809ef02f948bc6e0c30c590_s

 
年齢を重ねるごとに気になってくるシワは、加齢のサインとも言われていますが、実は表皮ジワと呼ばれる皮膚表面にできた浅いシワと、真皮ジワと呼ばれる皮膚の奥に深く刻まれたような深いシワがあるのです。

 
シワに効く成分ってどんな成分?と思ってもそれぞれのシワによってケア方法に違いがあるので、シワの種類別に効果がある成分をご紹介したいと思います。

 
まず浅いシワの表皮ジワは皮膚を乾燥したままの状態を放置したことで表に現れやすいので、部屋に加湿器などを置き乾燥対策をしながら保湿効果の高いスキンケアでしっかりと保湿対策をする事が重要です。
そんな表皮ジワに効く成分はヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、アミノ酸などの成分が有効的な成分です。
このような成分を含むスキンケア商品を、すり込むように気になるしわに直接なじませる事が大切です。

 
また深いしわが目立ちがちな真皮ジワは、加齢とともに減少してしまうコラーゲンやエラスチンの影響や紫外線の影響を受けて現れやすいのです。
加齢によって減少してしまったコラーゲンやエラスチンを素直に塗れば効果があるのではなく、真皮ジワにはリン酸アスコルビルやAPPSなどのビタミンC誘導体、また皮膚の再生効果が高いグロスファクターという成分が有効的です。

 
また紫外線のダメージを受けてできた真皮ジワには、レチノールが有効的ですが肌の弱い方は荒れてしまう可能性があるので使用には注意が必要です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2017年6月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930