コスメやダイエットできれいを頑張る女性の応援サイト

menu

kirei-navi【きれいになりたい女性のためのおすすめ情報】

ビタミンC・ビタミンC誘導体・ハイドロキノンの違いは何?

7495f9d447e29c1a19e3cb4e77a1f143_s

 

ビタミンCは、シミ、くすみなどの紫外線トラブルの原因のメラニンの原因である活性酸素を強い抗酸化力で除去し遺伝子の老化を遅らせることが主な作用です。
そしてコラーゲンの生成を助けたり血行を良くし肌のターンオーバーを助け、余分な皮脂の分泌を抑え毛穴をひきしめ、ニキビのできにくい肌にする成分です。

しかしこのビタミンCは水溶性のため皮膚へ吸収されにくいという弱点があります。

皮膚は皮脂膜、角質層、顆粒層がバリア機能になっており水溶性のビタミンC皮脂膜ではじかれてしまいを外から塗っても皮膚の奥まで届きません。

その弱点を克服するためビタミンC誘導体は、界面活性化し分子を油となじみやすくしたため皮膚の奥深くまで浸透するようにできています。

 

 

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

 

ハイドロキノンは、肌を黒くするメラニンの抑制するためシミに対する効果が高く、昔にできて肌に沈着してしまったシミにも効果があります
これはハイドロキノンに含まれている乳酸にピーリング作用があるからです。
シミなどの沈着してしまった色素に効果を得られます。
しかし最近までは日本で使用が禁止されていたほど強い効果があるため使用の際は注意が必要です。
まず白くしたいところ以外は絶対塗ってはいけません。
これは効果が強すぎるため白斑ができてしまう恐れがあるからです。
4%以下の化粧品であればリスクは少ないのですがそれ以上の濃度のものを使う際は皮膚科医に相談してみましょう。
また肌全体のバリア機能を低下させるため肌が弱い人は気を付けましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031